モビット 金利

モビットの金利と他社の金利を比べてみました。

三井住友銀行グループのモビットとはいえ、貸金業者となりますので、初めてキャッシングを利用する人には不安があるかもしれません。

 

初めてキャッシングする方の不安の多くは、「金利が高いのではないか?」「ちゃんと返済できるかな・・・」といった"金利"に関する不安になると思います。
せっかくお金を借りることができても、金利が高すぎて返済に困ってしまうのでは意味がありませんので、モビットの金利について説明しておきます。

 

 

まず、「消費者金融(貸金業者)=金利が高い」と多くの人が言っていると思いますが、これは、貸金業法が改正される前の情報になります。

 

数年前までのキャッシングの金利は、29.2%であることが多く、滞納してしまったときは40%近くもの金利が掛かっていました。
現在では、モビットの金利は4.8%〜18.0%ですし、滞納してしまったときでも20.00%ですので、返済できないリスクは格段に低くなったといえます。

 

 

これは、実際に計算してみると分かりますが、モビットからお金を借りたときの計算方法は、とても簡単にできますので覚えておくと良いと思います。

 

キャッシングの金利は、

 

金利=借りたお金 × 0.18 × 借りた日数 ÷ 365

 

で求めることができます。

 

例えば、モビットから10万円を30日間借りたときの利息は、上の公式に当てはめてみると1479円となります。
急にお金が必要になり「友人に借金を頼まなくても良い」というサービスが、1479円ということなら、それほど高いものではないことが分かります。

 

 

ここで、他のサービスに17.8%でサービスの提供をしているケースがありますが、上の10万円の例でいうなら16円しか異なりませんので、大きな違いとは言えません。

 

大手のキャッシングサービスを提供している会社に違法な貸し付けを行うところはありませんが、それでも、バックに銀行があることで、しっかりと法律を守ってくれるという安心感はあります。

 

 

現在でも、一部の中小の業者の中に、違法な取り立てを行っている所があると言われていますが、そのような中で、安全にキャッシングを行うことは重要になります。

 

初めてで不安を感じている人の場合、わずかな金利の差を気にするよりも、"安心感"でサービスを提供する会社を選ぶのが良いと思います。
そのような意味で、モビットは、初めての人にも非常におすすめできる会社となります。