モビット

モビット審査申込みナビ

 

モビットの返済はどこでできますか?

キャッシングをする企業を選ぶときに、最も注目しなければならないポイントに、「返済のしやすさ」をあげることができます。

 

お金が必要なときには、「できるだけ早く貸してくれるところ」であるとか、「少しでもたくさん貸してくれるところ」といった基準で選んでしまい、失敗してしまうケースも見られます。

 

 

当たり前のことですが、モビットなどのキャッシングを利用したら、毎月、計画的に返済をしていく必要があります。
そのときに、銀行のATMしか利用できなかったり、専用のATMを探す必要があると、返済が遅れてしまう原因となってしまいます。

 

そのため、「どこから借りればいいのか分からない!」という方は、返済のしやすい業者から選んでみるのが良いと思います。

 

 

その点、モビットの返済方法では、全国にあるコンビニエンスストア・三菱東京UFJ銀行のATMなどを利用することができます。

 

また、大手の消費者金融でも"コンビニエンスストアのATM"を利用することができる場合がありますが、「モビットの提携しているATMは、100,000台(※2014年6月現在)」あり、トップクラスの利便性を誇るサービスとなっています。

 

 

セブンイレブンやローソン・ファミリーマートはもちろん、中小のコンビニエンスストアまでカバーしていますので、「返済場所を探して回る」といった心配は一切いらないことになります。

 

この100,000台(※2014年6月現在)という数値がどれほど大きなものか理解するために、郵便局の支店の数と比較すると良いと思います。
郵便局は全国に約15000店舗ありますので、"モビットの返済窓口は、郵便局の店舗の約7倍もある"ことが分かると思います。

 

 

また、三菱東京UFJ銀行に銀行口座を持っている人なら、毎月1回、自分の口座から引き落としをしてくれるサービスもあります。

 

うっかり返済を忘れてしまうかもしれない、と考えている人は、銀行引き落としのサービスを利用するのもいいともいます。

 

 

お金を借りることで返済に困ってしまうケースのほとんどは、「違法な金利と返済のしにくさ」にありました。
違法な高い金利で貸し付けを行い、なかなか返済に応じない悪徳な業者もありましたが、現在では厳しい取り締まりがされているため、そのような心配をする必要はありません。

 

しかし、それでも、キャッシングサービスを便利に活用するためには、コンビニエンスストアのATMが活用できるモビットなどを選択しておくのが安心だと思います。

 

都心部に住んでいる人ならまだしも、地方都市に住んでいる人は、コンビニのATMが利用できることは必須の条件といえます。

モビットの契約で、ネット経由の契約と店舗からの契約ではどのように異なりますか?

現在では、モビットなどの消費者金融の申込には、インターネットでの申し込みが中心となっていますが、一昔前までは「自動契約機」による申込みが多くありました。

 

自動契約機を日本で初めて導入したのは、1993年にアコムが設置した「むじんくん」になります。

 

当時はインターネットの普及も進んでおらず、自動契約機による「対面しないで契約することができるメリット」があることで、非常に速いスピードで普及が進んできました。

 

 

しかし、現在では、自動契約機の対面しないでよいというメリットよりも、「わざわざ自動契約機まで行かないといけないデメリット」が目立つようになってきました。

 

さらに、自動契約機に入るところを周囲の人に見られてしまうのを嫌う傾向があることで、自動契約機よりもインターネットでの申し込みが一般的となっています。

 

 

インターネットでの申し込みといっても、パソコンが必要なわけでもなく、普段使用している携帯電話やスマートフォンなどで、簡単に申込みをすることができる点にメリットがあります。

 

また、自動契約機と同じように、モビットのオペレーターと対面することなく契約ができる点でもメリットは大きいと思います。

 

自動契約機の内部には、非常に高精度な監視カメラが設置されていますので、対応するオペレーターに密かに表情を見られていることを嫌うケースもあるようです。

 

 

また、モビットの大きな特徴として、「店舗を持たずに営業している」という点を上げることができます。

 

一般的な消費者金融では、店舗でも申込みの受付やキャッシングができるようになっていますが、モビットは無店舗での展開をしています。

 

 

そのため、店舗に掛かる賃料や人件費などのコストを抑えることができるため、申込後の会員専用サービスが充実していたりするなどの特徴があります。

 

過去のグレーゾーン金利による返還請求に窮している同業者がある中で、無店舗という最大の武器を利用して急速に利用者を増やしているのがモビットということができます。

 

 

したがって、申込みからキャッシングの利用に至るまで、問い合わせや質問などもインターネットを利用すると便利なようになっています。

 

他社と比較すると、時代を一歩先取りしたかのような企業になりますが、30万人もの人に支持される優良企業であることには変わりありません。

 

また、三井住友銀行グループのモビットなので、安心して申込みができるという点にも注目することができます。

三井住友銀行グループのモビットとありますが、どういう意味ですか?

急にお金が必要になってしまったときに、消費者金融などのキャッシングサービスを利用することを考えますが、「出来るだけ安心してサービスを受けられるところ」というのは、比較的多くの人が考えている基準となっています。

 

このときの「安心」という言葉の意味には、「利息が法律の制限内である」ことであったり、「違法な貸付け・取立てをしない」という意味であったりします。

 

 

日本では数年前までは、グレーゾーン金利といって利息制限法に違反した金利での貸付けが行われていた時代がありますが、現在では、厳しい監視の下に適正な金利での貸付けが行われています。

 

そのため、当時と比較すると40%近くも利息が下げられていますので、利息の心配をする必要はありません。

 

 

また、違法な貸付けや・取立てがあるかどうか?という点に関しては、大手の消費者金融では、まず、そのような心配をする必要はなくなっています。

 

しかし、それでも心配な人は、大手のの消費者金融を選択し、なかでも三井住友銀行グループのモビットに注目が集まっています。

 

 

銀行系の消費者金融という言葉には二つの意味があり、「銀行が直接、サービスを提供しているケース」と「銀行が出資をして、関連会社がサービスを提供するケース」があります。

 

 

直接銀行がキャッシングサービスを提供しているケースでは、新生銀行レイクやオリックス銀行カードローンなどがありますが、直接かどうか?という点は、あまり気にする必要はありません。

 

 

いずれにしても、モビットをはじめとする大手の消費者金融は、銀行による厳しい監督が行われていますので、違法な貸付け・取立てなどの心配が全くない点に特徴があります。銀行の潤沢な資金によるバックアップ体制が整っています。

 

また、モビットは、スピード審査ができるという点でも定評がありますので、急ぎの融資を希望している方も申込んでみると良いと思います。

【モビット体験談】愛犬の入院をきっかけにモビットを利用した方の例

愛犬の入院をきっかけにモビットを利用した方の例

 

モビットの申込みを検討している方にとって、「実際にどのような方が申込みをしたのか?」が分かると、安心することができると思います。

 

実際にあった話として、「愛犬の入院」をきっかけにモビットの申込みをした方の例をご紹介します。

 

 

小型犬を飼っている女性の方が、ペットとして飼われている犬の散歩の途中に、自動車との交通事故が発生してしました。

 

飼い主の主婦の方は、かすり傷程度だったのですが、愛犬の方は、前足を骨折する重傷で、手術の費用に15万円程度の費用が掛かると診断されました。

 

 

飼い主の方は、パート勤務だったので、15万円の費用をねん出することができず、"出来るだけ安心できるところから"ということで、モビットの申込みをすることになりました。

 

この方の収入は、週に4日程度のパート勤務で、月に5万円前後、年収にすると60万円程度の収入でした。

 

また、当時勤めていたパート先は、転職してから約3カ月程度経過していた頃だったそうです。

 

 

その方が言うには、「何度も借りようと思ったことがあったけど、借りれなかった。でも、愛犬が怪我をしたときは、何も考えずに申込みをしていた。」と話されていました。

 

実際、愛犬の事故が発生する以前は、審査に通るかどうかが最も不安に感じていたと言っていますが、「月に5万円・3ヵ月のアルバイト勤務」でも、無事に審査に通過することが出来たそうです。

 

 

そのときの、借入限度額は10万円となったそうですが、治療に必要な残りの5万円は、知人からの借金で何とかしのいだそうです。

 

 

モビットなどが提供するキャッシングサービスは、非常に便利なサービスで、より普及してほしいものと思いますが、愛犬の事故などをきっかけに利用が始まるケースもあります。

 

お金の悩みは、なかなか人には話すことが出来ないものですし、知人に借金の依頼をするときには、必ずといっていいほど「何に使うの?」と聞かれると思います。

 

 

給料日まで待つことが出来ない理由や、どうしてもまとまったお金が必要な理由は、人それぞれあると思いますが、理由を聞くことなくキャッシングできることも、モビットの大きなメリットと言えますね。

 

この愛犬の治療のための費用でのキャッシングのケースでは、毎月1万円ずつ返済して11カ月で完済しています。

 

これは、モビットに支払った利息は9,158円と計算されますので、この金額で愛犬の命を救うことが出来たといっていいでしょう。

 

大切な愛犬の命をも守ることができるキャッシングサービスの価値は、非常に大きいと言えます。

【モビット体験談】車検の費用をモビットで分割払いにしているケース

車検の費用をモビットで分割払いにしているケース

 

モビットや他の消費者金融を利用している人の中で、自動車の車検費用のためにキャッシングしている方が、非常に多くいます。

 

自動車の車検は、基本的には2年に1回のペースで検査を受ける必要があります。

 

また、同じ車検でも、検査だけで済み、部品の交換などが無ければ良いのですが、ベルトや油脂類の交換があるときには、数万円単位で車検費用が増加してしまうこともあります。

 

 

車検費用は、普通自動車か軽自動車か?、などでも異なってきますが、例えば20万円の費用が車検ごとに掛かるとします。

 

そして、その20万円を2年間で分割して支払うとすると、月々の返済額は1万円弱になります。

 

 

仮に、毎月1万円ずつ返済していくとすると、毎月の支払いに含まれる利息分は、平均すると1600円位になりますが、分割して支払うことのメリットは大きいものといえます。

 

モビットで、20万円のキャッシングをしたとき、最低限返済しなければならない月々の返済額は8000円となっていますので、月々の返済額を8000円にして、ボーナスなどのときにまとめて返済しているケースも多いようです。

 

 

自動車の車検は、必ず受けなければならないものですし、無車検の状態で運転してしまうと、厳しい罰則も受けなければなりません。

 

しかし、2年に1回とはいえ、比較的大きな金額を準備しなければならないとなると大変なことだと思います。

 

 

住んでいる地域によっては、自動車が絶対に必要になることもありますので、モビットなどを活用してやり繰りしている方が多いのは、当然のことかも知れませんね。

 

自動車の整備工場などによっては、車検の費用の分割払いを認めてくれるケースもあるようですが、手続きが面倒であったり、審査が厳しかったりすることで、あまり普及は進んでいないようです。

 

 

その点、モビットのカードローンなら、一度申込みをしておけば、その後は、車検の費用でも、自動車の修理に掛かる費用でも、必要に応じて借りることができます。

 

自動車の車検に限らず、突然、数十万円単位の出費が必要になってしまうことはあると思いますので、モビットなどのカードローンの申込みをしておくと安心だと思います。

 

 

また、自動車ローンなどの他のローンと比較すると、モビットのカードローンの特徴に、「借りたお金を何に使用してもよい」という点をあげることができます。

 

車検を目的としたローンや住宅ローンなどのように、利用目的が定められていないため、車検や自動車の修理・入院といった、あらゆるピンチのときに利用することができることになります。